名刺ってどんなときに使われる?シーン別に見る名刺の使い方

ビジネスにおいて名刺交換はとても大切な役割を担っています。ですが、効果的な使い方をしなくては意味がありません。また、ビジネス以外でも名刺はとても役立つアイテムとなるのです。

そこで、シーン別に名刺を効果的に使う方法について解説します。

名刺の使い方を知ることで、毎日の生活に新しい変化が訪れるかもしれません。

マットコートを用いた名刺作成のメリットや注意点について

ビジネスで使う場合

ビジネスのシーンで、名刺の存在はとても重要です。

小さな紙には氏名や会社名、どんな役職なのか連絡先はどこなのかといった必要事項がすべて記載されているのです。

名刺交換をきっかけに人脈が広がり、成功へと繋がる可能性もあります。そして、名刺のデザインにもこだわることが必要です。交換した後に相手の記憶に残るような名刺デザインを心がけましょう。文字の大きさや余白の取り方など、受け取った相手が見やすいようになっているかを確認しておくことを心がけましょう。

また、名刺は渡した時の印象がその後のビジネスでの関係性にも関わってきます。名刺を渡す時の基本は、相手に対して名刺が正面を向くようにして渡します。この時に、少し低い位置で出すと相手からも見やすく、謙虚なイメージを与えることが出来ます。

また、訪問時に担当者が不在などの時にも名刺は大いに活躍することが出来ます。用件と訪れた日時を名刺の裏に書く時に、短い一文を添えるとそれだけで好感度が上がります。この時に注意したいのは、必ず裏面に記載するということです。

表は基本情報が書かれている場所なので避けましょう。

サークル活動で使う場合

趣味の集まりであるサークル活動に参加する時にも、名刺は大いに役立ちます。その理由は、初対面の人と効率よく情報交換をすることが出来るということです。名前や住所、メールアドレスなどが記載されている名刺を渡すことで、後から連絡先を交換する手間が省けますし、SNSでのコミュニケーションのきっかけになります。

ですが、普段ビジネスで使っている名刺をそのまま渡すのは堅苦しい印象を相手に与えてしまいます。サークル時に使用する名刺を作成する時には、自分の写真やペットの写真などを入れたりすることで、柔らかく印象的な名刺になります。

もらった相手が後から見た時にすぐに思い出せるデザインを心がけることが大切です。サークル活動で名刺を交換する時にも、その基本はビジネスの時と同じです。ビジネスの時のようにかしこまる必要はありませんが、あまり砕けた態度をとるのは相手に対しても失礼になります。

最低限のマナーを守るように心がけましょう。サークルの時に作成する名刺のデザインには、遊び心を取り入れたデザインなどはどうでしょうか。サークルを連想させるようなデザインを取り入れることも印象的になりますし、他の人との差別化が計れます。

また、ハート型など形に凝った物を選ぶことで、ユーモア性のある名刺が完成します。

飲み会で使う場合

友人などの繋がりで飲み会が開かれた場合には、初めて知り合うという人もいるでしょう。その時には積極的に名刺を活用することがおすすめです。自己紹介の代わりに名刺を渡すことで親近感を感じてもらいやすくなりますし、人間関係も広がります。

飲み会で名刺を渡す時には、食事の前に渡すことを心がけましょう。皿やグラスが並んでいるテーブルの上に名刺を出すことは、相手に対して失礼にあたります。相手によってはいきなり名刺を渡されて戸惑うという人もいるでしょう。

まずは相手への挨拶を済ませてから、名刺を受け取って欲しいという旨を伝えるようにしましょう。事前に断ってから渡すことで、スムーズに名刺を受け取ってもらうことが出来ます。また、飲み会で渡す名刺には、濡れても平気な素材で作られた名刺を用意しておくと、かなり便利です。

飲食の席では濡れたり汚れたりすることも考えられます。プラスチック製や石灰石で作られた名刺は、濡れても破ける可能性は少なく、丈夫なので飲み会の時には最適です。

婚活で使う場合

名刺交換は婚活でも役に立てることが出来ます。婚活パーティーなどで知り合った人に名刺を渡すことは、相手に対して大きな安心感に繋がります。会社名や名前がきちんと書かれた名刺を渡すことは、相手との関係性がグッと近づきやすくなります。

婚活パーティーで名刺を交換することにより、口下手な人でも自分をアピールすることが出来ます。ですがこの時にはビジネスでの名刺ではなく、婚活用の名刺を用意することが必要になります。ビジネス用の名刺には勤め先が記載されているので相手に安心感を与えるでしょう。

ですが、基本情報しか書かれていないため、もらった方もそこから話を広げることが出来ずに困惑する可能性もあります。婚活用の名刺には、勤め先などの基本情報の他に、趣味や好きな食べ物などプライベートな情報を記載しておくことを意識しましょう。

そして、婚活用の名刺を作成する時にはデザインにも気を付けましょう。シンプルなデザインの名刺も良いのですが、これではまるでビジネスの延長のように感じます。カラフルで華やかな印象のデザインを使うことも印象的に見せるポイントの1つです。

ママ友に使う場合

ママ同士が交換する名刺をママ名刺と言います。入園式や入学式で初めて顔を合わせるママ同士は、名刺を交換することによりスムーズな付き合いが出来るようになります。ママ名刺に記載する内容は、名前や住所、そしてSNSのアカウントを記載しておくと何かと便利です。

ですが、ママ友名刺には注意する点もあります。ママ友名刺には子供に関する情報も載せておく必要があります。自分の名前のところに子供の名前を添えておいたり、子供と一緒に写した写真や似顔絵を入れておくとわかりやすくなります。

そして、万が一のことを考えて緊急時の連絡先なども一緒に記載しておくと、トラブルがあった時にとても役に立ちます。ママ友名刺の場合は、名刺の大きさに注目してみましょう。ママ友名刺には、記載することが多いので、普通サイズの名刺だと文字がびっちりと埋め尽くされるような形になり、もらった相手が読みづらい印象になるということも考えられます。

サイズが少し大きめの名刺を選ぶことにより、文字を見やすいようにレイアウトすることが可能となります。

詳細...名詞作成 … デザイン名刺.net