マットコートを用いた名刺作成のメリットや注意点について

名刺はビジネスマンが挨拶を交わす際に不可欠な物なので、できるだけ品質が良い物を作るのが良いとされています。デザインやレイアウトにこだわることも重要ですが、印刷する紙の品質にも妥協してはいけません。名刺はビジネスの現場における身分証明書のような物なので、上質な一枚を作ることが重要なのです。

名刺作りの方法や業者選び、注意点などを学びましょう。

個性的な名刺は同人イベントで必須です

名刺の印刷に適したマットコート紙の特徴

名刺は人の手を介する物なので簡単には折れや破れが生じない、頑丈な紙で作る必要があります。印刷業者が扱う用紙で最も多いのがケント紙やアートポスト紙などの厚紙です。ケント紙は製図や絵画、アートポスト紙はダイレクトメールやメッセージカードに多用されていますが、名刺にも使われています。

アートポスト紙は表面に光沢があるので光を反射し、艶のある質感を持たせるのに最適ですが文字の書き込みが非常に困難です。ケント紙は紙が厚いので折れにくく、文字を書くのも容易ですが質感が地味なのであまり目立たないのが欠点です。

そのため、双方の長所を併せ持っているマットコート紙が近年になって多用されています。マットコート紙は上質紙の表面にコーティング加工が施されている用紙です。

滑らかな仕上がりになっていますが艶消しの加工が施されているので、アートポスト紙のような光沢は生じません。また、コーティングされた皮膜も柔らかい物なのでケント紙のように文字を書くことができます。コーティングの作用でしっとりとした質感を持っているので派手さはありませんが、落ち着いた雰囲気を演出するのに最適です。

印刷された文字も読みやすいので、小さい文字を複数印刷する名刺にもっとも相応しいと言えるのです。

業者が手掛ける名刺印刷のプランについて

名刺印刷は専門の印刷業者に依頼するのが最も一般的な方法です。業者による印刷は短時間で済むうえ、枚数を多く用意できる利点があります。ビジネスの現場では一日に何枚も名刺を配ることは珍しくありません。挨拶の際に名刺を出さないのは非常に失礼とされているので、枚数に余裕を持たせるのが名刺印刷の基本的な条件と言えます。

そのため、大量の印刷ができる専門業者への依頼が適しているのです。その一方で業者による印刷は仕上がりに一定の品質を期待できるものの、個性に乏しい欠点もあります。

他との差別化を図る際には決して最善の選択とは言えないので、名刺印刷を検討する際は方向性を踏まえて判断しなければいけません。名刺をたくさん印刷する、すぐに作りたいなどの理由がある場合は業者に依頼するのが一番です。

また、ムラのない安定した仕上がりを求める場合も専門業者による印刷が最適と言えます。

名刺を自分で作る際の注意点

近年ではパソコンや印刷機器が普及したことにより、印刷業者に頼らず自分で名刺を印刷することが可能になっています。少数印刷や個性的なデザインの名刺を作るには個人での印刷は非常に便利です。特にデザインについては自分の好み通りに作ることができるので、他との差別化を図るには最も適した方法と言えます。

その一方で名刺はあくまでもビジネスの現場で使う物なので、あまり奇抜なデザインは避けるのが賢明です。名刺作りは派手過ぎず、無個性でもいけないことを踏まえて慎重に取り組む姿勢が求められます。

マットコート印刷を綺麗に仕上げるための業者選び

マットコート紙は艶消し加工が施されている、表面が滑らかな紙です。文字を書くことができるうえに落ち着いた質感なので名刺印刷に最適とされていますが、印刷業者の技術力に仕上がりの良し悪しを左右されやすい注意点があります。

同じ名刺印刷でも業者によって仕上がりに大きな違いが生じることも珍しくありません。ビジネスの現場でできの悪い名刺を渡してしまうのは無礼な行いでもあるので、そのような事態を避けるためにも業者選びは慎重に行わなければいけません。

マットコート印刷は決して難しい作業ではありませんが、印刷設備のメンテナンスを怠っていると文字や図柄が潰れてしまうなどのトラブルが生じます。印刷環境の維持を重視する、誠実な業者を選ぶのが綺麗に仕上げるためのコツと言えます。

また、マットコート紙を用いた名刺印刷は配色にも気を配ることが重要です。同じ文面でも配色が良くないと読みにくくなり、印象が悪くなってしまいます。

目立ちやすく相手に良い印象をもたらす一枚を作るには色彩感覚に優れている業者を選ぶ必要があるのです。業者の技術力や色彩のセンスを判断するにはサンプルを比較するのが良い方法です。サンプルを用意できない業者は印刷業務の質も疑わしいので、いくら格安な料金でも避けるのが賢明です。

また、サンプルが少なかったり綺麗に発色していない所も利用は避けます。

印刷サンプルは印刷業者の名刺とも言える物なので、その名刺の仕上がりが良くなければ信頼はできないのです。

名刺の記載内容に関する注意点や印刷のタイミング

名刺が足りないという事態はビジネスマンなら絶対に避けるべきことなので、名刺印刷を行う際は少し多すぎると思う程度の枚数を選ぶように心がけます。印刷業者もその点を踏まえて枚数設定を多めにしていますが、足りないより余った方がマシであるとはいえ、作り過ぎるのも良くありません。

名刺に記載されている内容は個人名や役職、会社名などビジネスの現場で不可欠な情報ばかりです。その内容にはわずかでも間違いがあってはいけないので、例えば部署の移動や出世などで役職が変わった場合でも名刺を作り直す必要があります。

古い内容を消して新しく書き加えるのはビジネスの現場ではマナー違反となるので、紙や印刷費用が無駄になると分かっていても改めて名刺を印刷しなければいけません。名刺印刷は大別すると枚数が不足した時と新年度に行います。

枚数不足は所属部署や仕事の内容でタイミングが変わるので一概には断言できませんが、一般的には残り枚数が三分の一程度になったら新しく印刷します。また、印刷枚数も必要に応じて変わるので細かい調整が不可欠です。

新年度の名刺印刷は所属部署や役職の変更を伴うことがあるので、記載内容もそれに応じて変わります。挨拶回りの際に多用するので印刷枚数も必然的に多くなりますが、いずれの場合も印刷内容にわずかでもミスがあってはいけません。

印刷のやり直しを避けるためにも、記載内容は必ず確認してミスが起きないように配慮するのが社会人としての務めなのです。