個性的な名刺は同人イベントで必須です

同人イベントに参加する場合には、自分たちの活動内容をアピールするために、事前に名刺を作成しておくことが重要です。

初対面の方に、自分たちの活動内容を理解してもらうためにも、オリジナルデザインのキャラや、ロゴをあしらった名刺を事前に用意しておきましょう。ここでは、同人サークルの方が名刺を作成する際の流れと、注意事項を紹介します。

マットコートを用いた名刺作成のメリットや注意点について

同人サークルでは個性的な名刺を用意することが大切

同人サークルでは、多くの方と交流する機会が増えるものです。初対面の方との出会いを大切にするためには、事前に個性的な名刺を作っておき、自分たちを印象付ける工夫を施しておきましょう。サークルで作成した作品を紹介するには、人との繋がりを持っておくことは重要です。

同じ趣味を持つ方が多数集まるイベントである同人サークルでは、普段は出会うことが無い、多くの方と出会えるものです。自分たちの作品に興味を持ってもらえる準備を行ってから、イベントに参加するようにしましょう。

名刺に記載する情報として基本的なものに名前が挙げられます。ビジネスシーンで使う名刺とは違い、同人イベントで使う名刺には、ペンネームやハンドルネームを印字するケースも多いものです。

相手に渡した名刺に記載されるペンネームやハンドルネームは、その後も変えることができなかったりします。名刺に記載を考える前に、自分たちで入念な検討を行いましょう。

同人イベント用名刺を印刷する流れ

同人イベントで使う名刺の作成は、印刷会社へ作成を依頼する形か、自分たちで考えたデザインを入稿する形を取るのが一般的です。印刷会社で提供されるサンプルイメージを元に名刺の作成を行うほうが、時間や手間をかけることもなく、スムーズな名刺作成を進めることは可能ですが、同人イベントで相手に好印象を抱いてもらうためには、オリジナルなデザインやロゴを入稿しての名刺作成のほうが良いでしょう。

オリジナルデザインを入稿する流れには、サイト上からのオンライン入稿と、店頭で直接入稿する形に分かれます。多くの印刷会社では、オンラインでの入稿を受け付けていますので、自分たちで都合の良いタイミングでサイトからアクセスして、名刺データの入稿を行うのが良いでしょう。

同人サークルとして活動しているメンバーも、他に何かしらの仕事を抱える場合が多いものです。サイトからのデザインデータ入稿であれば、自由なタイミングで入稿を行うことができ、メンバーが集まる手間を考えることも無くなります。

店頭で直接入稿する形の場合には、同人サークルのリーダー的存在の方が、メンバーの意向を取りまとめ、同人サークルを代表してデザインデータの店舗持ち込みを行う流れになります。印刷会社によっては、オンラインでの入稿や、店舗への持ち込み以外に、郵送でのデザインデータの持ち込みが可能になっている場合もあります。

メンバーが、それぞれ仕事を抱えているなど、時間的制約のある場合には、郵送での手段を用いるのも良いでしょう。

同人イベント用名刺を作成するメリット

同人イベントでは、初めて会う人と沢山知り合う機会を得ることができるものです。自分たちのサークルが活動している内容を、初対面の方に知ってもらうためには、サークル名や活動内容を知ってもらうためにも、同人イベント用の名刺を作成しておくほうが良いものです。

イベント当日は、沢山の方で混雑するのも実情だったりします。大勢の方で溢れるなかで相手に自分たちのサークルを覚えてもらうためには、分かりやすい名刺を事前に作成しておくことが大切です。イベントの際には、様々な趣味の方が会場に溢れるものです。

会場全体が人で溢れる状態で、初対面の方に自分たちを覚えてもらうためにも、個性的な名刺を作り、相手に印象付けるのと連絡先を伝える工夫を行っておきましょう。自分たちのサークルで作成しているキャラをあしらった名刺を作り、SNSのアカウントを記載しておけば、イベント終了後も、こまめに連絡を取ることが可能になるからです。

同人イベント用名刺を作成するデメリット

同人イベント用のオリジナル名刺を作成することで、自分たちにデメリットが発生することもありえます。オリジナルデザインの名刺を作成することには、それなりなお金もかかっていくものです。趣味で活動するサークルの場合には、名刺作成に多くのお金をかけてしまうと、自分たちの活動費用が限られてしまうのも実情だったりします。

少ない運営費用で活動しているサークルの場合には、同人イベント用の名刺作成に多額の費用をかけることは、自分たちの活動費用自体の捻出が難しくなってしまう可能性もあるのです。

費用面以外にも、相手に渡す名刺のデザインが良くないことで、初対面の相手に悪い印象をもたれることもあります。

いくら良いコンテンツを作成しているサークルであっても、名刺に描かれるキャラやデザインが良くないと、初めて受け取った相手は悪い印象を持ってしまうものです。イベントで使う名刺だからと、手間や予算をかけずに作成してしまうと、自分たちにとってマイナスになることもあるのです。

名刺作成する以上は、自分たちの認知度向上とイメージアップが目的だということを念頭に置いておきましょう。

出来上がった名刺はイベント会場への送付も可能

同人サークルで使う名刺は、出来上がったものを直接イベント会場に送付することも可能です。趣味で活動する同人サークルのメンバーは、常に一緒に活動するものでもありません。

普段は、ネットを通じてやり取りをしていて、自分たちのサークルを盛り上げていくコンテンツ作成を検討するのが、一般的な同人サークルのスタイルだったりもします。イベントで渡す名刺を作成しても、メンバーを招集して渡す機会が少なかったりするのも実情でしょう。

多くの印刷業者では、出来上がった名刺をイベント会場へ直接送付することが可能になっています。印刷業者に名刺作成を依頼する際に、イベント会場の場所と、配達してもらう日時を指定することで、事前にメンバーを招集して名刺を渡す手間もなくなり、スムーズなイベント開催を実現できるようになります。

印刷業者によっては、担当者がイベント会場に名刺を持参してくれる場合もあります。宅配便などで郵送してもらうと、多くのサークルが出展している会場では、自分たちの名刺を見つけることが難しかったりする場合もあるものですが、担当者が電話連絡をして届けてもらうスタイルなら、名刺が紛失する心配もありません。